S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017/10 >>

about
詩の倉庫サイト
このサイト内の画像・文章は無断転載禁止です
現在はこちらで活動してます
→ http://7ni.tumblr.com/

管理人
東野:のらりくらりと生きてます

about link
サイト名/透きとおる、青
URL/http://51st.blog83.fc2.com/
(アン)リンクフリー

link
にほんブログ村
みずたまり。
深夜2時
無我夢中に・・・
ガリレオ アニメーション 研究所
タヌキの洞穴
PSPLIFE
週刊少年ジャンプを愛してます
流線形の夜明け
脱力(=カオス)日記。
青い空の家
絵空事
ピアプロ

ranking
参加してます。 
blogram
ブログランキング・にほんブログ村へ 



--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト | スポンサー広告 |



2010.02.24(Wed)


暗がりの中で見た夢のような景色に取り込まれる
君が嘘を言って僕が本当を言う
何もかもがからくりな世界が今の現実さ
そう言ってしまえばしっくりくる気がしない?と君が僕に暗示をかける

僕はそのまま君の夢に取り込まれることにした

ワンダフルだと思っていた夢の世界はガラクタだらけの廃墟だった
そこには君がぽつんと一人でガラクタみたいにねっ転がっていた
僕は君に言う「どうして君は生きているの」
君は僕に言う「生かされているから生きているの」
そういうあなたはどうなの?とでも言いたげに君のその飲み込まれそうな漆黒が僕に問いかけをする
僕はそれを見なかったことにして君の隣で寝っ転がる

そこから見えるのはガラクタの空と天井だけ

不意に君が泣いたと思ったら僕が泣いていた
君はおかしそうに僕を指差して笑っている「泣くなんておかしいわ」
僕は泣きながら君に唱える「君が泣きたいと思ってるから僕が泣くんだ」
その言葉に君は大きな瞳を見開いて、そしてとうとう泣きだした
泣きながら声高らかに笑いだした
僕は君を抱きしめる 君の涙は止まらないまま
このガラクタな世界の中で息をし続ける
それが君と僕にとってどれだけ辛いことだとしても、ずっと続いていく
君の嗚咽が聞こえる
僕はもう、涙を流すことは出来ない

 
スポンサーサイト

ガラクタワールドの中で呼吸をする | word | com(0)|



comment


comment form

 管理者にだけ公開する




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。