S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2011/05 >>

about
詩の倉庫サイト
このサイト内の画像・文章は無断転載禁止です
現在はこちらで活動してます
→ http://7ni.tumblr.com/

管理人
東野:のらりくらりと生きてます

about link
サイト名/透きとおる、青
URL/http://51st.blog83.fc2.com/
(アン)リンクフリー

link
にほんブログ村
みずたまり。
深夜2時
無我夢中に・・・
ガリレオ アニメーション 研究所
タヌキの洞穴
PSPLIFE
週刊少年ジャンプを愛してます
流線形の夜明け
脱力(=カオス)日記。
青い空の家
絵空事
ピアプロ

ranking
参加してます。 
blogram
ブログランキング・にほんブログ村へ 



--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト | スポンサー広告 |



2011.05.30(Mon)


にぎやかさを失い
僕は殺人犯のように震えてしまう
君のこと愛して愛して愛して
他人などには目もくれず
ダメな僕が今日も朝日を拝む

生きてくこと
死にゆくこと
奇跡なんてあったってなくたって何も変わらない
僕はどう足掻いても人間でしかないよ

散らかる部屋の中
僕に刃を向けないでいて
口内炎が痛むけれど
君に噛みつくようなキスをするから
そのまま僕を愛して愛して愛して
僕以外の人を見ないで
僕だけを見てよ
僕だけにキスをして
それでさ
僕だけに好きと言っておくれ


スポンサーサイト
嘘でもいいから | word | com(0)|



2011.05.28(Sat)


睡眠不足の脳内で溢れるアドレナリン
誰もいない部屋の中
漏れるテレビの光
妄想の中で君が僕に死ねと言った

転がる錠剤
手当たり次第口に入れてみたけど
広がるのは苦味

誰も僕のことなんて気にしちゃいないさ
脳内の君がそうだねと言う
死んでしまいたいなあ
脳内の君が死ねばいいよと笑う

ハリボテの感情むき出しにすれば
ほら もう薬も効かないくらいに僕は狂っている
口の中に残る錠剤が生きた心地を殺して
脳内妄想彼女の君が僕に向かって唾を吐く

もう何も必要ない
薬を僕は吐き出して
君の首を絞める


「終わりだね」


君はもう動かない



more

少年には薬が効かない | word | com(0)|



2011.05.26(Thu)


誰もが夢見てるような明るい未来
私だってそんな世界を思い描いてた
誰もが主人公として生きていけるとさえ 思っていたのに

どこにも居場所はなくて
どこにも愛しのあの人と呼べる人もいなくて
私はひとりでしかなくて
甘いお話は一瞬で塵と化す

多分さ 私はどうしようもないクズ人間でしかないのだと思うんだ
死んだってきっと治らないのだろう
だとしたら私はどうしたらいいのかなあ

君は今頃何をしているの
私のことなんて忘れちゃったかい
瞼を閉じればいつだって幸せだったころの記憶
我ながら気持ちが悪くて反吐が出るね
もう何も信じたくないよ
どうして思い通りにならないのかな
私は全知全能の神にはなれなかった

蛇口からあふれ出る終わりのない後悔の海
鏡に映るのは虚無の塊
私はどこだろう

どこだろう

どこ


where am I? | word | com(0)|



2011.05.26(Thu)


わかっているさ
僕が言い訳にまみれていることぐらい
いつもの遅刻癖だって
授業を聞かずにテストで赤点をとっちゃうことだって
僕自身のせいだってわかっているんだ

それでも誰かに頼りたくて
自ら消したはずの君の面影を追う
何を求めていたんだろうね
悲しすぎて気が狂いそうさ

ある日友達が投身自殺をすると歌った
僕にはそんな勇気ないのに
友達は笑ってそう言うんだ

悲しいね
惨めだね
寂しいね
苦しいね

全部自業自得のなれの果て
遠くで君が僕をあざ笑っている
もう何も視たくない


視えない | word | com(0)|



2011.05.25(Wed)


思い描く世界なんて
結局妄想という言葉だけで片付けられてしまった
好きという気持ちはそんなに難しいものだろうか

少女漫画のような展開が待っているのだと
勝手に思い込んでいたの
そんなあたしは子供だったのか
それとも、

目に見えるすべてが憎くて
この世界から消えてしまいたくなるよ
割り切れないこの腐った感情が
あたしを未だ縛りつけている

こんなことになるのなら、同情の愛なんていらなかったさ
もう何もかもが信じられないような気さえしているの
君はあたしじゃない女の子と楽しそう
多分さ あたしは君の特別になりたかったんだろう
今更そんなことに気付いたって遅いのだけれど


悲劇気取りヒロイック | word | com(0)|






/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。